ドレスを選ぶ前に

結婚指輪

ウェディングドレス、どうしますか。 真っ白なドレスは女性の憧れですし、どうせならカラードレスも着てみたいですよね。 結婚式の費用は会場費、ゲストにかかる食事や引き出物、そしてウェディングドレスが主な内訳です。 今回はレンタルドレスに関するお話です。 レンタルには式場のプランに沿って借りる、もしくは式場が紹介してくれた貸衣装屋で借りるなど実際に自分の目で見て選ぶという方法、それからインターネットでサイトを検索する方法があります。 会場のプランにドレスもメイクも全て入っていることがありますし、持ち込む場合は会場に持ち込み料を払わなければならないケースがあります。 ネットで借りる場合は当然ながら画面の色と実際の色、サイズなど自分のイメージと違う場合がありますので注意が必要です。 支払い方法や郵送に何日かかるのか、どうやって返却するのか、汚してしまった場合はどうするのかなど気になる点はお店に何でも聞いてください。 外部から借りる場合は持ち込み料を先に聞きパートナーにも確認しておくことが大切です。運命の一着は必ず見つかります。 いろいろ見て回って悔いなく式に臨んでくださいね。

ウェディングドレスレンタルにはさまざまな方法があります。 実際に見てレンタルする、インターネットで選んで送ってもらう、もしウェディングドレスを持っている知人がいたら借りてもいいでしょう。 どの場合も会場に持ち込む場合、会場に持ち込み料を払わなければならないことがあります。 これがパートナーと喧嘩になる原因になったりします。 残念ながら女性と違って男性は女性がなぜ高いお金を払ってこだわりのドレスを着たいのか理解が出来ません。 ドレスにお金を払い、会場にもお金を払い、そのドレスに保険をかける人もいます。 そんなことにお金をかけるくらいならゲストの食事や引き出物にお金をかけたいなんてパートナーは言いかねません。 もしもめてしまったら、なぜその選んだドレスでなければならないのか、持ち込み料が必要なのか相手が納得するまで話し合うことが大切です。 ウェディングドレスは着ている本人の自己満足なのではなく、招待するゲストへのサービスの一環なのですから。